台灣光華雜誌 [第44卷第11期]:異國天使 用愛深耕

點閱:2

並列題名:Taiwan panorama

其他題名:光華

作者:陳亮君總編輯

出版年:2019.11

出版社:光華畫報雜誌社

出版地:臺北市

格式:PDF,JPG

附註:中日對照 日本語版 月刊 第31卷第10號起ISSN改為1991-5268


計次服務每月所有讀者總借閱次數上限為350次,本月額度已滿,目前僅提供試閱,每月1日零時將重新計算開放借閱。

本期內容簡介
 
【表紙説明】
はるか海を越えてきたイヴ・ナレ(南耀寧)神父は、僻遠の先住民集落に根を下ろし、信者の家で礼拝を行なうなど人々の暮らしにとけ込んでいる。(林旻萱撮影)
 
【無私の奉仕で広がる愛】
『光華』2017年のカバーストーリー「国境を越える外国人宣教師の愛と思いやり」は広くご好評をいただいた。ちょうど台湾-バチカン国交樹立75周年に当たったため、我が国の駐バチカン大使館はこの特集のスペイン語・イタリア語版各3000部を増刷して75周年記念パーティで配布し、またバチカン教皇庁国務省を通してローマ教皇フランシスコおよび各枢機卿にも贈呈した。さらに欧州や中南米各地にも送り、我が国のソフト外交に大きく貢献することができたのである。
今年(2019年)も『光華』は台湾で黙々と奉仕する神父を特集することとなり、今回は西洋出身の神父の他、ベトナム出身の阮文雄神父にもお話をうかがった。阮神父はアメリカ国務省から「現代の奴隷制度を終結させる英雄」と称えられている。阮神父が台湾でどのように神の愛を伝え広めているのか、ぜひお読みいただきたい。
* * *
今月号には人間と自然との融合を考える記事も少なくない。何俊賢は地形の限界を克服し、夏は涼しく冬は暖か
い「度咕屋」を建てた。先住民集落と緊密に結びついた「文化と種子の保存運動」もある。また、静かで喜びに満ちた山林への回帰も考えたい。「国家賠償法」第6条の改正が採択されたことで、山林が開放された。海や山でリスクある活動をする際、行政は適切な警告や標示を行なうが、それ以外の賠償責任は負わないこととなったのである。これにより、今年6月1日から国立公園は入山規制を廃止し、農業委員会林務局は所管の林道を開放した。
この政策は、山を愛し、自らの限界に挑戦する登山者には大きな福音である。都会の喧騒を離れたいと思う人々にとっても、アウトドアに親しむ誘因となるだろう。そうではないとしても、一杯のコーヒーを淹れ、『光華』を開いて流れるような文章と写真を通して充電していただきたい。
* * *
このほかに、今月号では2018年の国慶節祝賀式典の司会を務めたベトナム出身の阮秋姮をご紹介する。台湾に来
てからの暮らしや、いかにしてステレオタイプのイメージを打破して自信を持つに至ったかをうかがった。政治大学東南アジア研究センターでは、世界各国との学術交流プラットフォームを通して、東南アジアの文化、言語、エスニックなどの学際研究の輪を広げている。また、テクノロジーを取り入れる女性農家の物語もぜひお読みいただきたい。
来月号の『光華』は、東南アジア各国出身の「新台湾人」を重要なテーマとし、それぞれの台湾での出来事や暮
らしをご紹介する。

台灣光華雜誌簡介
台灣光華,世界光華
「台灣光華畫報雜誌社」(原光華雜誌)於民國六十五年創刊,目前台灣光華雜誌月刊以中英對照紙本及中日對照網路版向全球一百餘個國家及地區發行,包括全美一百多家書店同步販售,訂閱對象含括學術機構、藝術文化、貿易經理人、台商、華僑、關心台灣的國際經貿組織及外籍人士。
 
中華民國台灣長期推動南向政策,東南亞不僅是台灣的鄰邦,更是重要的貿易夥伴。為增進東南亞國家對台灣的了解,也讓更多讀者知道東南亞人士在台灣生活的各種面向,於104年12月創刊《光華》東南亞三語文版(印尼文、泰文、越南文)。東南亞三語文版刊物以雙月刊方式發行,定期出版且均已數位化,建置於《光華》官網。
 
核心價值——呈現台灣蓬勃生命力
「台灣光華雜誌」每月以多元化報導及雋永圖文呈現台灣發展脈動,見證台灣政治、經濟、社會、文化的變遷。多年來以讀者最關心的話題,深入採訪報導,並以中英、中日雙語對照呈現,因而獲得「兩岸新聞報導獎」、「優良政府出版品獎」及「星雲真善美新聞傳播獎」等獎項之肯定。
 
集結叢書——累積豐富多元資料
繼「光華」第一本叢書——「面對當代人物」於民國七十三年推出後,市場反應熱烈,開啟國內雜誌界將報導系列內容集結成書風氣之先河,至今「台灣光華叢書」已輯印三十餘種,包括:「國際漢學與漢學家」、「台灣原住民文化」、「台灣特稀有生物」、「擁抱臺灣—百張圖片看現代臺灣」、「台灣民俗筆記」、「台灣好滋味」等叢書,可謂每本「台灣光華叢書」都是台灣不同面向的縮影。
 
數位整合——推動多元行銷
近年來,「台灣光華雜誌」與國內外媒體合作,進行跨界聯盟,除與知名電台合作單元專訪外,亦與多家網路平台合作發行「台灣光華電子報」及「台灣光華電子雜誌」。此外,更結合數位化科技,將累積三百期、數千萬文字之內容建立數位化資料庫系統,以多種檢索功能提升讀者閱讀及研究之服務。美國多所著名大學、國內中研院、國家圖書館、各地文化局圖書館等均為訂戶,並登上國家圖書館電子資料庫使用率排行榜。 「台灣光華雜誌」希望把台灣最真實訊息傳達給每一位讀者,不論是在國內,或是海外,讓每一個瞭解台灣的人更愛台灣,不知道台灣的人也能從這本雜誌中認識台灣、支持台灣。

  • 來自地方的明信片 百年伯公(p.1)
  • 編者的話 無私奉獻.讓愛延續(p.2)
  • 月月好讀 Variety Pages(p.52)
  • 影像對話 群像的預示:杜韻飛《未來祖宗像》(p.59)
  • 產業新創 性別化創新 遇見智慧科技女農(p.104)
  • 多元族群 我因台灣而閃亮 打破刻板印象──阮秋姮(p.116)