台灣光華雜誌 [第44卷第8期]:台灣人, 真好!

點閱:1

並列題名:Taiwan panorama

其他題名:光華

作者:陳亮君總編輯

出版年:2019.08

出版社:光華畫報雜誌社

出版地:臺北市

格式:PDF,JPG

附註:中日對照 日本語版 月刊 第31卷第10號起ISSN改為1991-5268


計次服務每月所有讀者總借閱次數上限為350次,本月額度已滿,目前僅提供試閱,每月1日零時將重新計算開放借閱。

本期內容簡介
 
【表紙説明】
台北市の北門の前に立つ呉鳳。何の違和感も感じさせない。(林格立撮影)
 
【台湾が新たな故郷に】
ここに生まれ育った台湾人は、台湾に対して型にはまったイメージを持っているのかも知れない。しかし、海外から台湾に来て数十年暮らし、帰化した人々の目には台湾は違う姿で映っているようだ。
今月のカバーストーリ—では、外国出身で高度な専門技能や特別な貢献といった要因で台湾に帰化した人々をご紹介する。優れた放送番組や関係者に贈られる金鐘賞を受賞した呉鳳、34年にわたって台湾の僻地医療に貢献してきた柯彼得、世界的なピアニストの魏楽富、そして台湾の田園を描き続ける画家のイヴァン(伊凡・葉何羅夫)。彼らが語る台湾での物語と経験から、私たちはより深く台湾を知ることができるだろう。
* * *
台湾の優れたデザイン力はさまざまな分野で発揮されている。ペーパースカルプチャー作家の洪新富は紙細工で数々の特許を取得している。台湾オリジナルの各種テーブルゲームを見ると、遊びながら政府の介護政策が理解できるゲームもあれば、イラストレーターと協力して台湾のフルーツや特産品を描いたカードゲームは、2018年に外交部によって台湾の特色あるギフトに採用されるなど、テーブルゲームは娯楽であるだけでなく、コレクションとしての価値も持っている。
台南の千畦種子博物館の知恵も注目に値する。館内には、ありとあらゆる不思議な種子が展示されていて、なぜこんな形なのかと疑問を抱く。「そうして考えていくと、実は種子が生命の意義を語りかけてくるのです」と種子館の梁崑将は言う。彼が語る種子の物語は、ファンタジックな冒険をイメージさせる。これは大自然の知恵であり、館長一家が全力で種子を保存する原動力でもある。
* * *
医療に国境はない。台湾の医師たちによる大規模な無償診療とスクリーニングによって、太平洋のキリバスではリウマチ性心臓病の有病率が大幅に低下し、国連の健康と福祉を目指す持続可能な開発目標(SDGs)を実践している。インドネシアのジャカルタやスラバヤから台湾に来た主婦や教師、司法通訳、ボランティアなどを務める人々が結成したアンクルンの楽団「竹韻揚聲楽団」は、団員たちの故郷への思いを載せつつ文化交流において重要な役割を果たしている。
今月の「自転車で行く台湾」では、北海岸をご紹介する。取材班とともに台2号線を進んでいくと沿線の風景は変化に富み、沿道ではオオハマボウ、クワズイモ、ハマウド、ギシギシなどの植物や、火山活動が残した「風稜石」と呼ばれる特殊な岩石も見られる。現地の文化にも触れられ、今月の光華に豊かな色彩を添えている。

台灣光華雜誌簡介
台灣光華,世界光華
「台灣光華畫報雜誌社」(原光華雜誌)於民國六十五年創刊,目前台灣光華雜誌月刊以中英對照紙本及中日對照網路版向全球一百餘個國家及地區發行,包括全美一百多家書店同步販售,訂閱對象含括學術機構、藝術文化、貿易經理人、台商、華僑、關心台灣的國際經貿組織及外籍人士。
 
中華民國台灣長期推動南向政策,東南亞不僅是台灣的鄰邦,更是重要的貿易夥伴。為增進東南亞國家對台灣的了解,也讓更多讀者知道東南亞人士在台灣生活的各種面向,於104年12月創刊《光華》東南亞三語文版(印尼文、泰文、越南文)。東南亞三語文版刊物以雙月刊方式發行,定期出版且均已數位化,建置於《光華》官網。
 
核心價值——呈現台灣蓬勃生命力
「台灣光華雜誌」每月以多元化報導及雋永圖文呈現台灣發展脈動,見證台灣政治、經濟、社會、文化的變遷。多年來以讀者最關心的話題,深入採訪報導,並以中英、中日雙語對照呈現,因而獲得「兩岸新聞報導獎」、「優良政府出版品獎」及「星雲真善美新聞傳播獎」等獎項之肯定。
 
集結叢書——累積豐富多元資料
繼「光華」第一本叢書——「面對當代人物」於民國七十三年推出後,市場反應熱烈,開啟國內雜誌界將報導系列內容集結成書風氣之先河,至今「台灣光華叢書」已輯印三十餘種,包括:「國際漢學與漢學家」、「台灣原住民文化」、「台灣特稀有生物」、「擁抱臺灣—百張圖片看現代臺灣」、「台灣民俗筆記」、「台灣好滋味」等叢書,可謂每本「台灣光華叢書」都是台灣不同面向的縮影。
 
數位整合——推動多元行銷
近年來,「台灣光華雜誌」與國內外媒體合作,進行跨界聯盟,除與知名電台合作單元專訪外,亦與多家網路平台合作發行「台灣光華電子報」及「台灣光華電子雜誌」。此外,更結合數位化科技,將累積三百期、數千萬文字之內容建立數位化資料庫系統,以多種檢索功能提升讀者閱讀及研究之服務。美國多所著名大學、國內中研院、國家圖書館、各地文化局圖書館等均為訂戶,並登上國家圖書館電子資料庫使用率排行榜。 「台灣光華雜誌」希望把台灣最真實訊息傳達給每一位讀者,不論是在國內,或是海外,讓每一個瞭解台灣的人更愛台灣,不知道台灣的人也能從這本雜誌中認識台灣、支持台灣。

  • 月月好讀(p.50)